本文へスキップ

AcaciaSoaringClub

私たちは日本大学工学部滑空研究会のOB会です。

アカシアソアリングクラブは鬼怒川滑空場を拠点に活動しています。
フライト訓練は月に1〜2回程度です、土日に訓練を実施しています。
日大工学部の学生達と宇都宮大学滑空部さんとの合同訓練となります。
全国の滑空研究会OB・OGに向け活動状況を発信します。

ギャラリー

L23SuperBlanik

LET L23 SUPER BLANIK

訓練機はレテッケー・ザ−ボディ/レット・ナドニー・ポドニク・クノビーチェ式  L23 スーパー・ブラニク型を使用しています。この機体の超過禁止速度(VNE)は230km/hです。  

ASW15B

AS-W15B

現在では日本に1機となりました。独特のスタイルにフライングテールを採用しています。いまだ現役です
<写真は2012グライダーカレンダーに掲載されたものです>。 

AstirCS77

GROB Astir CS77

新たにラインアップされたCS77。サーマル内での粘り強さに加え L/Dは38、スピードを生かした距離飛行が期待できます。
 

Winch

アカシア式 曳航ウィンチ

手作りのウィンチです。駆動はディーゼルエンジン、クラッチ式、ワイヤーロープはφ5mmを使用。
 
  

会員へのお知らせ

2017年10月10日
航空身体検査お済みの会員(学生)はKanesakaまで
 報告願います。
・FLT訓練案内。
・VHF無線機搭載作業中です。
・特定技能審査の更新状況。

 これらは会員のページでご確認下さい。

HP管理者

H.Kanesaka

・機体の整備・点検、広報渉外等担当しています。
・会員のページ閲覧希望のOB・OGの方は下記宛に「氏名、卒業年度、連絡先:mail」をご記入のうえ下記まで連絡下さい。

Mail : info◎acacia-sc.org